家庭医が産業医活動を行う意義とは?

 産業保健における産業医の役割は「作業環境管理、作業管理、健康管理、総括管理、労働衛生教育」と定められ、産業医には包括的な健康管理や異業種との協調性が求められています。

 これらは家庭医にも求められる資質で、産業医活動と家庭医活動は親和性の高い分野といえます。基本的に産業医は、労働者と会社、主治医間のハブ的な役割を果たしています。

 しかし、実際には労働者の問題は労働者と会社間だけの問題ではないことが多く、労働者の健康問題によって影響を受ける家族の存在、また逆に家族の健康問題によって労働者の勤務が困難となり辞職せざるを得ない状況があります。

 現存の産業保健分野で求められているヘルスプロモーションは、労働者を軸として素晴らしいものがあるのですが、家族への関わりは希薄です。一般に家庭医にはコンテクチュアルケア能力が備わっており、その特性を生かして家庭医が産業医活動を行うことは大変有意義なことと思われます。